猫の爪切りの重要性と方法

猫は、登る、跳ぶ、着地する、引っ掻くなどの自然な行動をするために、足を健康に保ち、爪をきれいに整える必要があります。

猫の爪に、汚れやゴミ、猫が踏んでしまった物などが付着していないことを定期的にチェックすることが大切です。これらは、痛みや不快感、運動障害の原因となったり、グルーミング中に猫の口に付着してしまい、最終的にはそれを摂取して問題を引き起こす可能性があります。

また、定期的にトリミングをしていない爪は、肉球の中で丸まってしまい、強い痛みや不快感の原因となります。爪を切っていないと、人に怪我をさせたり、猫が爪を立てた家具などを傷つけたりすることもあります。

猫の爪をきれいにするには?

ここでは、猫の爪を清潔で健康に保つためのヒントをご紹介します。

できれば 湿らせた布で猫の足を拭くようにしましょう。前足の間に詰まっている汚れや物を取り除きながら、1本ずつ優しく拭きます。
もしケガを発見した場合は、動物病院へ行き、ピンセットを使って、前足に埋め込まれた破片を優しく取り除き、感染症を防ぐためにペット用消毒薬を塗ります。ケガの治療期間は、ペットの前足をしっかりと見守るようにしてください。

猫の足を調べるときは、足の指の間や肉球の周りをよく見るようにしてください。怪我の兆候、切り傷、ただれ、腫れ、赤み、破片など、獣医の迅速な介入が必要なものがないか確認します。軽い怪我や傷にはペット用消毒薬を使いましょう。

前足の間に毛が生えている場合は、定期的にカットしましょう。猫が歩いている間に汚れや異物が毛に付着しやすくなります。

猫の爪の根本には汚れがよく溜まります。特に、爪の生え際や肉球の隙間に汚れが溜まりやすいので、定期的に確認してあげましょう。足に付着したものを取り除くときは、足は特に敏感なので、常に優しく慎重に行いましょう。頑固な汚れの場合は、猫の前足を水に浸し、柔らかめの歯ブラシを使って爪を優しく掃除します。爪が柔らかくなっていれば、簡単に拭き取ることができます。

猫の皮膚や足に付着したり、口の中に入ったりする可能性のある汚れやゴミ、家庭用化学物質などが、猫の身の回りにないようにしましょう。

猫の爪切り

猫が爪切りに慣れるように、できるだけ早い段階で爪切りの習慣をつけてあげましょう。毎回、たくさんのおやつやその他の方法でポジティブな強化を行いましょう。

ペットの前足をマッサージすることから始めて、前足を触られることに慣れるようにします。爪切りの前には、必ず前足のマッサージをして、爪切りの準備をしましょう。最初の数回は、猫が落ち着いてリラックスしているように見えるまで、1回につき1~2本の爪を切るだけにしましょう。

爪の中には神経や血管が通っている部分がありますので、急所を切らないように注意してください。誤ってその部分を切ってしまった場合、出血することがあります。止血剤やコーンスターチで止血しましょう。

爪切りの頻度は、猫の個体差に大きく左右されます。屋外で粗面を歩く時間が長い猫や、スクラッチを頻繁に使用する猫は、爪切りの頻度が少なくて済むかもしれません。猫の爪をきれいに整えておくことは、ペットのグルーミング法の一部であり、健康と幸福のために不可欠です。

猫の引っ掻き行動

引っ掻く行動は猫の自然な行動なので、猫に引っ掻いても良い場所を提供してあげましょう。引っ掻くことで外側の爪が剥がれ落ち、その下にある鋭く滑らかな爪が生まれます。家具やカーペットではなく、猫が引っ掻いても良い場所で引っ掻けるように、何種類かのスクラッチ(爪とぎ)を用意してあげましょう。

引っ掻く行動は、ストレスや不安の解消にも役立ちます。また、筋肉を伸ばしたり、肉球にある嗅覚腺を利用して縄張りを示したりすることもできます。