愛犬との夏のお散歩。熱中症対策や必須アイテムは?

こんにちは!perromartライターの川西です。

梅雨に入りましたが、暑い日が続いていますね。

雨が降っていない時間を見計らってビリーの散歩を!と思いつつ、日中の気温が高い時間だと(人も犬も)熱中症も心配ですし、アスファルトの熱で犬の肉球を痛めてしまうこともありますから注意が必要な時期です。

そこで、今日は夏場の犬の散歩対策をシェアしようと思います!

お散歩前に地面の温度をチェック!

夏の晴れた日中だと、黒いアスファルトの表面温度は60度を超えることもあります。
さらに、日没後もアスファルトの温度が低下しにくいことから、飼い主が気づかないうちに愛犬が肉球を火傷してしまう可能性があります。

そこで我が家では、散歩に出る前に外にアスファルトを触りにいきます。(我が家はマンションの8階に住んでいるので、散歩前にアスファルトを触るためだけに下に降りて、触って温度を確認して戻ってきます。単にあやしい人笑)


手の平と甲でそれぞれ5秒間ずつ、アスファルトの暑さ確認。
「あつっ!」となったら、その時間はやめて、夕方日が沈んでからの散歩にします。

真夏だと日が沈んだ19時でもまだアスファルトが暑いときもあるので、夏場に適した散歩の時間は早朝5:00〜6:00、または20時以降がおすすめです。

朝晩2回に分けて、こまめに散歩に行くのも良いですよね。


夏はお散歩中の熱中症対策を

犬は自分の体調のことを考えることなく、目の前の遊びや散歩に夢中になりますよね。
楽しければ遊び続けてしまいますので、飼い主がしっかり愛犬を観察しておくことが大切です。

我が家の体調チェック項目は3つです。

  • ハァハァと呼吸が荒くなっていないかをチェック
  • お腹や耳の中に熱を持っていないかを触ってチェック
  • 体温が上がると歯茎の赤色が濃くなるのでこまめにチェック

体温が高くなったり、バテていると感じたら日陰など涼しい場所やアスファルトではなく、地面が草や土の公園などに避難してクールダウンしましょう。

呼吸がいつまでも落ち着かない場合は熱中症になりかけている可能性がありますので、おかしいと感じたら病院へ連れていきましょう。 

熱中症対策におすすめのアイテム

夏の散歩はただ歩いているだけでも体温が上がります。
体温が上がりすぎる前にクールダウンしてあげましょう。

クールダウン効果のあるアイテムはいろいろあります。

「気化熱による冷却効果があるバンダナや服」、「冷却シートやスプレーなど犬用のひんやりグッズ」もたくさん出ています。

我が家ではこの保冷剤を愛用してます。

>> ペット用の保冷剤 

大事なことは首元、のど周り、脇のした、後ろ足の付け根など血流の多い箇所を冷やすのが効果的です。

とにかく大事なことは、水分補給

大事なことはこまめに水を飲ませること!人も同じですよね。

犬は汗をかかない動物なので、体の中の熱を呼吸か肉球からしか放出できません。
水を飲むことで体の内側から体温を下げることができます。

犬が1日に必要な水分量は、1kgあたり50-60mlと言われています。
(ビリーの場合は1日、800ml弱)
熱い夏は水を飲む量も増えるので、少し多めに水を持ち運びましょう。

我が家で最近使っている水飲み用ボトルは、PawMadeの2in1ポータブルウォーターボトルです。

この水飲みボトルの特徴をご紹介しますね。

スタイリッシュ

見るからにスタイリッシュですよね。人間が使うウォーターボトルといってもいいくらい。



カラフルなペット用品は多いですが、わたしはずっと探していたんです、シックなデザインを。ですので、水を飲ませるシリコンカバーがブラックなのもシンプルですがオシャレですし、男女ともどんな服装でも持ち歩くのに人を選びません。

安全性の高いシリコンカバー

黒い部分のシリコンカバーは裏返すと、ペットへ水をあげる水受けに早変わり。
シリコンと聞くと柔らかいものを想像するかもしれませんが、このウォーターボトルのシリコンカバーはやや硬めでしっかり作られています。


バナナの皮を剥くように裏返すとスムーズ!



中型犬以上の犬が勢いよく水を飲んでも、素材がしっかりしているので水が溢れることがないですし、安全無毒なシリコンなので安心です。

大容量500ml&ちょうどいい水の勢い


付属のボトルは500ml、暑い夏の散歩でこまめに水を飲ませるには最適な量、そしてキャップ部分を外せばトイレ後や飼い主の手が汚れたときなどにハンディシャワーとしても使えます。500mlの容量と水穴がひとつで勢いよく水を流せるので、1回でキレイに流せて便利です。

犬用グッズ、ひとつひとつ拘っていきたいですよね。 

散歩前にスタンバイ中のビリー
ふわふわラウンドクッションでくつろいでいます。

それではまた!