ドライフードの鮮度を長持ちさせる方法

愛犬愛猫のドライフードの不適切な保管は、食中毒や害虫の混入、胃の不調、食べ物の味の変化などの原因となります。特に夏場は、湿度や気温が高いため、これらの問題を発症するリスクが高まります。

ペットに適切な食事を与えるだけでは十分ではありません。ペットの健康を維持するためには、毎日、新鮮で適切な食事を与える必要があります。鮮度と栄養価を保つためには、適切な保存方法を学びましょう。ここでは、ペットのドライフードにまつわるあらゆる問題と、新鮮さを長く保つための方法について説明します。

ペットのドライフードに関する一般的な問題

ペットフードを密封せずに置いておくと、外部からの不要な要素が入り込み、鮮度が落ちてしまいます。不必要に埃や湿気にさらされると、悪臭や虫、その他の細菌汚染の原因となります。ドライフードの誤った保管方法に関連する一般的な問題としては、以下のようなものがあります。


ゾウムシ
ゾウムシは小さな甲虫で、ご家庭にある穀物や密封されていないパッケージの食品に発生する可能性があります。ペットのドライフードをまとめて購入する場合は、ゾウムシの侵入を防ぐために、必ず密閉容器に保管してください。幸いなことに、ゾウムシは病気を媒介しないので、ペットペアレントやペットに危害を加えることはありません。しかし、フードの味を変えてしまいますし、見た目が悪くなってしまいます。



ミミズは、ドライフードのパッケージに入っている一般的な食品害虫です。封を切っていないシリアルやその他のドライフードの箱だけで、パントリーや家の中に簡単に蔓延してしまうのです。ペットフードに寄生虫が寄生するのを防ぐためには、フードを密閉容器に入れておく必要があります。

カビ・悪臭
環境中の毒素は、乾燥したペットフードを簡単に汚染し、口の中に入ったり、不快な臭いがしたりします。ドライフードはカビが生えやすいものです。そのため、ペットフードを定期的にチェックし、カビや悪臭を防ぐために安全に保管してください。怪しい臭いがすると感じたら、そのドライフードをペットに与えないようにしましょう。

原因は?

ほとんどすべてのドライフードには、涼しく乾燥した場所で保管するようにという注意書きがあります。これは、空気に触れると有害なバクテリアの餌になったり、ゾウムシやミミズ、カビの繁殖につながるからです。パントリーやキッチンは、湿気や温度変化のない、管理された環境でなければなりません。
ドライペットフードが腐る原因としては、以下のようなものがあります。

不適切な保管方法
高温にさらされた食品は、一般的に腐りやすいです。ドライフードを密閉容器に入れて保管していないと、温度の変動で腐ってしまうことがあります。温度とは別に、空気や湿気にさらされると、有害なバクテリアが侵入し、カビやカビ、ゾウムシの発生を促すことがあります。

直射日光の下に置く
乾燥したフードを直射日光の下で保管すると、容器やパッケージ内に湿気が発生し、カビや芽が生えやすくなります。このフードを食べてしまうと、愛犬愛猫は病気になるかもしれません。日光は、フードを腐敗させ、細菌汚染を引き起こす要因になります。

濡れたスコップを使う
ドライフードに一滴でも水分が含まれていると、あっという間にフード全体が台無しになってしまいます。ドライフードの保存には注意が必要です。専用のスプーンやスパチュラを使えば、カビの原因となる濡れたスコップの使用を防ぐことができます。

ドライペットフードの腐敗を防ぐためのヒント

気密性の高い容器
ドライフードの保存方法は、気密性の高い容器を使用すること、フードを外に出さないこと、元のパッケージも容器に入れておくことを徹底しましょう。

乾燥した場所で保管する
湿気は、細菌汚染やその他の虫の繁殖の根本的な原因です。日光を避け、涼しく乾燥した場所で保管しましょう。

乾燥したスコップや容器を使う
日光を避けて涼しく乾燥した場所にドライフードを保管していても、使用している容器やスコップに気を配っていない人が多いようです。濡れた容器やスプーンは、フードをすぐに腐らせてしまいます。フードを保管する前に、スクープや容器が完全に乾いていることを確認してから使用してください。また、乾いたペットフード専用のスプーンを1本用意し、容器の中に入れておくと、濡れたスプーンの挿入ミスを防ぐことができます。

---------------------------------

ペットフードを新鮮で健康的な状態に保つことは、愛犬の健康を危険にさらさないためにも必要です。ちょっとしたミスでペットのドライフードがダメになってしまうこともあります。ペットだけでなく、ペットの好きな食べ物も大切にしましょう。