【獣医師監修】 ワンちゃんの健康診断の重要性。

こんにちは!
perromartペットハピネスチームのnanamiです。

10月13日は、「じゅう(10)い(1)さん(3)」(獣医さん)という語呂合わせから、「ペット健康診断の日」。

ペットが健康で長生きするためには病気の早期発見・早期治療が不可欠であることから、動物病院で健康診断を受けることの大切さを広めることを目的に、全国の獣医師団体である一般社団法人「Team HOPE(チーム ホープ)」様が制定されました。

ということで今回は、「愛犬の健康診断の必要性」についてperromartの獣医師スタッフの原先生にお聞きしてきたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

目次

1.ワンちゃんの健康診断の重要性
・健康診断はなぜ必要なの?
・健康診断のポイント

2.健康診断を先延ばしにしてしまう要因
・HEKAグレインフリードッグフードで節約を。
・全額返金制度

3.最後に


ワンちゃんの健康診断の重要性

健康診断はなぜ必要なの?

少なくとも「1年に1回」はかかりつけの獣医師さんのもとで健康診断を受けるべきだと思っています。

当たり前ですがワンちゃんは人間の言葉を話すことができません・・・それに加え、本能的に体調の変化を隠してしまいがちです。

獣医師として「もう少し早く病気を発見してあげられてたら」と悔しい思いをすることがよくあります。
そんな悲しい出来事を完全に防げるわけではないのですが、健康診断はワンちゃんの隠しがちな不調の兆しに気づいてあげられる重要なチャンスとなりうると私は思っています。
 

健康診断のポイント

健康診断を受ける際は「どの検査項目をうけるか・・・」をぜひ、意識してみてください。

多くのワンちゃんは、「血液検査」を受けた事があるかと思います!
血液検査は、各臓器の機能や代謝機能の乱れがよく分かるとても便利な検査です。

しかし、血液検査だけでは、必ずしも病気の早期発見に結びつくとは限りません・・・

すべての検査には、得意不得意があるからです。
そのため、健康診断の際は、血液検査に加え、超音波検査やレントゲン検査などの画像診断や心電図、血圧測定など、かかりつけの獣医さんに相談して、様々な検査をうまく組み合わせてみてくださいね!

そうすることでワンちゃんの今の健康状態をより正確に判断する事ができます。
 
最近では「人間ドッグ」ならぬ「ワンちゃんドッグ」などの健康診断セットを各動物病院が用意するようになってきましたので、ご活用頂ければと思います。


延ばししてしまう大きな要因

毎年の健康診断をつい先延ばしにしてしまう大きな要因の一つに費用面の問題があげられます。

近年では、ペット保険など医療費の負担を軽くしてくれるサービスも充実してきていますが、健康診断は予防的な医療行為と判断されるので保険の適応外になってしまいますよね・・・
 

HEKAグレインフリードッグフードで節約を。

ワンちゃんが安心して食べれるだけでなく、ダイエットやデンタルケア、アレルギーなど様々な困りごとに対して、サポートしてくれる「HEKAグレインフリードッグフード」。

ですが、忘れてはならない大きなデメリットもあります。それは「価格」です。
 
最近では、質にこだわっている「プレミアムドッグフード」がペットショップなどでも多く陳列されるようになりました。

「我々の体は自分が食べてきたもので作られている」と言われるように、日々の食事の質にこだわることは健康の維持のためにとても重要です!

"プレミアムドッグフード"は品質が良い反面、毎月の食費が高額になってしまいがちなのが難点・・・

「HEKAグレインフリードッグフード」は、そんなペアレントのために「グレインフリー」で、人工添加物不使用のドッグフードをお買い求めになりやすい価格に設定し、届けたいという想いから生まれた商品です!
お買い求めになりやすい価格で、高品質の食事を継続して愛犬に与えることができます。


最後に

「HEKAグレインフリードッグフード」にすることで、節約できた食費を毎月積み立て、定期的な健康診断を受けるのは、いかがでしょうか?
毎月の出費となるフードを節約することで、年に1回の健康診断に必要な費用も貯める事ができるので、ぜひ、ご参考にしていただけますと幸いです!