ワンちゃんの皮膚、黒い斑点の原因とは?

なぜ愛犬の皮膚には斑点があるのか?

人間と同じように、皮膚の色素沈着の原因は様々で、その多くは心配する必要はありませんが、中にはより深刻な病気の場合もあります。

愛犬の皮膚に黒い斑点がある場合、すぐに心配すべきでしょうか?

多くのワンちゃんは、毛の下の特定の場所に自然に色素沈着した皮膚を持っているので、それが幼いころから常にそうであるならば、心配する必要はないでしょう。

しかし、新しい部分の色素沈着については、獣医の診察を受け、気になる点があれば調べてもらうのが一番です。

皮膚の黒い色素沈着の非常に一般的な原因は、苔癬化と呼ばれるもので、慢性的な刺激によって黒い斑点が生じます。
これらの斑点は、背中、尻尾、脚など犬の体のどこにでも現れる可能性があります。

皮膚の変化自体は危険ではありませんが、痒みや掻きむしりの原因となっている炎症の根本的な原因を調べ対策を取ることが最善の方法です。

一般的な原因としては、ノミやその他の寄生虫の侵入、食物や環境に対するアレルギー、細菌や真菌の感染、またはこれらの要因の組み合わせが挙げられます。

色素沈着の新しい部分や成長している部分は、獣医に診てもらうのが一番ですが、ほとんどの場合、すぐに改善することができます。

場合によっては、皮膚の変化は、より大きな臨床像の一部として、愛犬が自然に発生するホルモンの不均衡のような他の病気のプロセスを示唆しているかもしれません。
そのような場合は、さらなる調査と治療を検討します。

最後に、人間と同じように、皮膚の色の変化は、より深刻な過程を表している場合があり、このような場合には、皮膚生検という形で皮膚のサンプルを採取することが最善の方法です。
検査結果によって、獣医と治療方針を相談していきましょう。

ワンちゃんにシミはできるのか?

シミを見つけるのは簡単ではありませんが、犬の場合、お腹、耳、鼻など、毛の少ないところにシミが出てくることがあります。

なぜワンちゃんの皮膚は黒くなるのですか?

重い病気も考えられますので、早期発見が大切です。

ワンちゃんの皮膚が黒くなっている理由はいくつか考えられますが、原因を突き止めるには獣医さんに診てもらうのが一番!