猫と一緒に寝てもいい?メリットとデメリットから考えよう

愛猫さんと一緒に寝ているキャットペアレントさんは意外と多いのではないでしょうか?
かわいい愛猫さんと一緒に眠りにつくのはとても幸せな時間だと思います。

愛猫さんがベッドに入ってきたら、拒む理由はない!と感じませんか?
でもその一方で、本当に猫と一緒に寝ても大丈夫なのか?という疑問も浮かぶ方も少なくはないと思います。

猫と寝るのは絶対にいけないというわけではありませんが、猫にも人間にも少々リスクが伴うことを理解しておきましょう。その上で、愛猫との睡眠の取り方を見直してみるのもいいかもしれません。

今回は、猫と一緒に寝ることのメリットやデメリット、一緒に寝るときの注意点などをご紹介します。
 

 

なぜ猫はキャットペアレントと寝たがるのか?


愛猫がキャットペアレントと寝たがるから一緒に寝ているという方もいると思います。
そもそも、なぜ猫は人と寝たがるのでしょうか?
 

キャットペアレントと一緒だと安心する

猫がキャットペアレントと一緒に寝たがるのは、信頼されている証拠ともいわれています。
猫は縄張り意識が強く、警戒心が強い動物です。
そんな猫にとって、信頼しているキャットペアレントの側が安心して眠れる場所になります。
 

キャットペアレントに甘えている

甘えん坊な猫の場合、キャットペアレントに甘えたいために、一緒に寝たがることがあります。
また、子猫の時は母猫に寄り添って寝るので、その名残が残っていることもあるようです。
キャットペアレントの上半身や顔の近くで寝る場合は、子猫気分が強くて甘えん坊な猫ちゃんかもしれませんね。
 

 寒いから

猫は寒さが苦手です。
特に冬の寒い時期はキャットペアレントと一緒のお布団に入ってくることが多くなるのではないでしょうか。くっついて暖をとっているのかもしれません。
 

寝具が心地良いから

ふかふかのベッドやお布団は猫にとっても心地いいものです。
寝心地の良さを求めてキャットペアレントと一緒に寝ていることもあります。
 

狭い場所、暗い場所が好き

猫は狭い場所や暗い場所が好きです。
そのため、布団の中は猫が安心して眠れる場所なのです。日中も紙袋や段ボールの中にすっぽりと収まってくつろいでいる姿も目にしますよね。
 

 

猫と一緒に寝るメリット


まずは、猫と一緒に寝るメリットについてご紹介します。

精神的に落ち着くことができる

これが一番のメリットではないでしょうか。
猫も人も、一緒に寝ることでリラックス効果が高まり、気持ちが落ち着くことが多いようです。
また、スキンシップも増え、コミュニケーション時間も増えることは猫にとってもキャットペアレントにとっても嬉しいことで、ストレス解消にも繋がるでしょう。
一緒に寝る時間が幸せと感じる方も多いようです。
 

愛猫の緊急時にすぐ対応できる

一緒に寝ていると、愛猫に何か異変などがあった場合にすぐに気づくことができます
猫の体調の変化に気付けたり、いたずらなどの行動にもすぐ対応できるでしょう。
 

暖かくて気持ち良く眠れる

猫も寒がりで一緒に暖をとっていますが、人も同じく、猫の温もりが暖かく気持ち良く眠ることができると感じる方が多いです。
特に冬場の寒い時期は一緒に寝るとお布団の中も温まって気持ちよく眠れそうですよね。
 

 

猫と一緒に寝るデメリット 


猫と一緒に寝る場合、精神面でのメリットが目立ちましたね。では、猫と一緒に寝るデメリットはなんでしょう?
 

衛生面

一番の理由ともいえるのが、衛生面です。
室内飼いの猫でも、ノミやダニが体についている可能性があります。その状態で一緒に寝ると、寝具にも移ってしまうかもしれません。

また、猫の毛などが寝具につくと、キャットペアレントもかゆみや湿疹などを引き起こしてしまうこともあります。
こまめなシーツの洗濯が必要になりますが、丸洗いが難しい布団やベッドにダニやノミが移ってしまうことを考えると、リスクは常に伴うことを頭に入れておかなければなりません。
 

猫にケガをさせてしまう

猫にケガをさせてしまうような事故のリスクがあります。

キャットペアレントが寝返りを打った際に猫にぶつかってケガをさせてしまったり、潰してしまって呼吸困難になってしまうことがあるのです。
特に体の小さい子猫の時期は注意が必要ですね。

さらには、猫がベッドから落下してケガを負ってしまう危険もあります。狭いベッドだと落下のリスクは大きくなってしまうので注意してください。
 

病気のリスク

猫から人へ、人から猫へと病気がうつってしまう可能性もあります。

人間と動物の間でうつってしまう病気は人獣共通感染症(ズーノーシス)といわれ、日本では約50種類の病気が確認されているといわれています。
その中でも、ペットから人へうつってしまう病気は約30種類もあるといわれているのです。軽い病気がほとんどですが、当然長引いてしまったり重症化してしまう恐れもあります。

猫と一緒に寝ないことでお互いの病気の予防になるのです。

猫を病気から守るのはもちろんですが、人も病気にかからないように注意が必要です。
特に抵抗力が弱い乳幼児や高齢者の方は気をつけなければなりません
 

キャットペアレントが熟睡できない

愛猫を気にしながら寝るようなことがあれば、キャットペアレントの睡眠の妨げになってしまいます。

寝返りをしないように気をつけていたり、猫の動きに敏感になって途中起きてしまうといったことがあると、睡眠の質は落ちてしまいます
人間にとってももちろん睡眠の質は大切で、熟睡できないような日が続いてしまうと体調不良やストレスの原因になってしまうので注意が必要です。
 

 

猫と一緒に寝る時の注意点

猫と一緒に寝る時にまず注意すべきことは、衛生面になります。

デメリットでも紹介しましたが、ノミやダニ、猫の毛などは、かゆみや湿疹を引き起こす可能性がありますし、アレルギーも心配です。
こまめにシーツ交換をし、清潔を保ちましょう
猫の毛が抜けやすい時期などはブラッシングをしてケアしてあげるのもいいですね。

また、人獣共通感染症のリスクもあるので、お互いに体調がすぐれないような時は別々に寝ることをおすすめします。

体が小さい猫の場合は特に、キャットペアレントの寝返りによって猫の体を圧迫しないように気をつけましょう
寝具がベッドの場合は猫が落下しないように注意してください。
 

 

最後に

猫と一緒に寝ることのメリットとデメリット、注意点などをご紹介しました。精神的なメリットが大きいですが、猫と一緒に寝ることで病気のリスクまであるとは驚きですね。

愛猫さんの性格とご自身のライフスタイルを照らし合わせながら、睡眠の取り方を考えてみてはいかがでしょうか?
一緒に寝るメリットとデメリットを踏まえた上で、お互い快適な睡眠をとりストレスを溜めないようにしましょう!